金魚の日和下駄

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨匠との思い出@

<<   作成日時 : 2016/05/19 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たぶん、もう書くこともないと思うので
この機会に書き残しておくことにしました。

もう、かれこ40年近い昔の話になります。

とある商業演劇の研究生だった頃
講師として蜷川幸雄さんが来てくれました。

蜷川さんも小劇場から商業演劇へ移行したばかりの頃で
まだ「世界のニナガワ」と呼ばれる前のことです。

まだちょこっと俳優業もしてらっしゃって
時代劇に悪役なんかで出てたりしてね。

「○○親分♪」なんて同期生から声かけられると
「やめろよ〜」なんてちょっと照れたりして。

それと「『先生』はやめろ。『蜷川さん』でいい」
と言われました。それは皆さんそうだったようですね。

レッスンはもちろん厳しかったですけど
若い私たちと触れあうのは楽しかったようで

「(こんな感じの)小劇場もまたやりたいなぁ」と
言われたのが嬉しくて、仲間同志で喜んだものです。

ご家族の話もしてくれました。

「昔はボーイッシュな女の子が好きだったんだけど
なぜかボインボインと結婚しちゃったんだよねぇ」

「朝起きてボインボインが隣にいると安心する」んですって。

お父様のヘアについてはお子様たちも気を使って
「ハゲ」とかそういうワードは避けるのだそう。



と、まだまだ思い出は尽きないので
続きはまた、次回に…。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨匠との思い出@ 金魚の日和下駄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる